ホームケア中心で、解決しましょう

妊娠中に出来てしまった妊娠線は、消えることが無いと言われますが、完全に消すことが出来なくても、十分に目立たなくする事は可能です。ですので、出来てしまったからといって諦めないで、ホームケアを中心に頑張りましょう。
産後におすすめのホームケア方法は、保湿と産褥体操になります。お腹周りの皮膚は、出産が終わっても乾燥していると感じる人は多いのです。ですので、妊娠中と同じようにケアをする事を忘れないで下さい。妊娠中に使用していた妊娠線予防クリームが使い切れずに残っている人は、そのままクリームを使用するのも良いでしょう。お腹周りの乾燥を防ぐことが、第一のホームケアになります。
そして産褥体操は、血流を良くして皮膚を活性化させるために重要な体操になります。ですが、産後1ヶ月程度までは、身体がまだ完全に回復していない時期ですので、無理な運動は避けるように心がけましょう。
それでも、薄くなる以上に、完全に消したいと思っている人は、レーザー治療を行えば出来てしまった妊娠線を完全に消して解決する事が出来るでしょう。しかし、授乳中や帝王切開の跡がある人は、医師に相談をしなければいけませんので、それだけのリスクがあるという事を踏まえておきましょう。
ですので、出来るだけホームケアで線を薄くすることをおすすめ致します。

コンタクトレンズ洗浄機

子育て中に赤ちゃんと一緒にダイエット

赤ちゃんを抱っこして家の中をウロウロしたり家事をしていると結構なカロリー消費になるそうです。
そもそも赤ちゃんのお世話をすることがかなりの運動になるので子育てに追われ時間がないと思ってもダイエットは出来るのです。
赤ちゃんのお世話はとても大変で孤独になりがちでついつい食べることでストレスを解消しようとしてしまうのですが、
食べること以外のストレス解消法が見つかれば自然とダイエットにつながると思います。
赤ちゃんと散歩したり、ネットショッピングしたり。
食べることに割いている時間を別のことを行う時間に置き換えると自然と体重は落ちるはずです。
それもなかなか難しいことなのですが、キレイでいたいとか健康でいたいと思う心の余裕が出来れば過食は避けられると思います。 続きを読む “子育て中に赤ちゃんと一緒にダイエット”

カラコンの利用にあたって病気が心配な時には

瞳のお洒落を楽しみたい方に打って付けなのが瞳の色彩を変えられるカラコンですが、カラコンを利用する際に多くの方が気にしている心配事があります。
それはレンズの汚れについてです。
装用する事によってタンパク質汚れなどが付着してしまいますし、女性の場合ですとメイク用品の成分も付着する事があります。
そういった汚れが眼病の原因になる事は広く知られていますので、利用する際には病気が心配になってしまう事もあるものです。
その為には洗浄が必須になる訳ですが、手で洗った位ではなかなか汚れを除去する事はできません。
その為、洗ったつもりでも汚れが残留している事がありますし、それによって眼病が発生してしまう事も少なくありません。

続きを読む “カラコンの利用にあたって病気が心配な時には”